2010年05月18日

「“安上がり介護”に利用しないで!」NPO関係者らが怒りの声(医療介護CBニュース)

 特定非営利活動法人(NPO法人)などから成る介護保険ホットライン企画委員会は5月12日、講演会「介護保険の10年とNPO」を東京都内で開いた。講演者からは、介護報酬の支払いを抑えるためにNPO法人が利用されかねないと懸念する見方が相次ぎ、「『安上がり介護』に利用しないでほしい」(NPO法人暮らしネット・えんの小島美里代表理事)など怒りの声が上がった。

財政健全化と社会保障改革は密接不可分―民主研究会が公約案
「全国地域包括ケア推進会議」が初会合-厚労省

 講演者らは、経済産業省が3月に開催した「地域生活インフラを支える流通のあり方研究会」で、地縁団体やNPO法人に、▽地域住民の漠然とした需要を独自のネットワークを通じて適切に把握する▽民間事業者や地方自治体に新たな事業の必要性を説明する―ことが求められた点などに反発。さらに、厚生労働省の「地域包括ケアシステムに関する検討部会」が昨年、NPO法人の関係者が参加していないのにその活用を視野に入れた提言をしている点なども問題視した。

 講演者からは、国が推進しようとする「地域介護」の議論にNPOの関係者が参加すべきだという声が上がった。また、介護専門誌「BetterCare」の野田真智子編集人は、「『介護』の枠組みだけで制度設計することには無理がある」と述べ、要介護者や家族の生活全般を幅広く支援できるようにする必要性を訴えた。

 介護保険制度創設からの10年間を振り返り、「(国が示す)建前と実像が違いすぎる」(小島氏)などと批判する声もあった。

 講演会は、介護関係者を対象に毎年行う電話相談「介護保険ホットライン」の事前会議として開催した。
 ホットラインは、今年は6月23-25日(いずれも午前10時-午後4時)に、東京(03-3268-2133)、大阪(06-6949-2361)、富山(076-441-0541)で同時開設する。


【関連記事】
財政健全化と社会保障改革は密接不可分―民主研究会が公約案
2025年、地域で高齢者支える仕組みを―田中慶大教授
「地域ソーシャル法が必要」―民主・介護議連会長
地域ケアの必要性を強調―宮島老健局長
「全国地域包括ケア推進会議」が初会合−厚労省

<地ビール>人気再び 若い世代、ワインのように(毎日新聞)
浜教組の教科書不使用指示 文科省が調査開始(産経新聞)
<普天間移設>「先送り」閣僚発言相次ぐ(毎日新聞)
ストーカー容疑で弁護士を書類送検 愛媛県警(産経新聞)
参院選、公約採点見送り=指定市長会(時事通信)
posted by タカヤナギ ショウイチ at 22:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。